都会と田舎をゆるやかにつないで10年。いとしまシェアハウスが目指すもの

地方や田舎暮らしを魅力的に感じても、都会での暮らしをガラリと変えて移住するのはハードルが高い……。そうお考えの方にぜひ知ってもらいたいのが、さまざまなアクティビティで都会と田舎をつなぐ「いとしまシェアハウス」です。シェアハウスを運営する志田浩一さんは東京生まれで、都会も田舎も、それぞれの良さもよく知っている人。私たちが心地よいと思える距離感で田舎とつながるヒントを求めて、いとしまシェアハウスを訪ねました。

かつて暮らした八ヶ岳の麓のような心地よさ

「いとしまシェアハウス」を夫婦で運営する志田浩一さん

まるで鏡のように空を映す棚田。その向こうには、玄界灘を望む美しい景色が広がっています。「いとしまシェアハウス」があるのは、初心者向けの登山で人気の二丈岳の麓。ここで、志田浩一さんは妻の畠山千春さんとともにシェアハウスを運営しています。

「海と山、それに棚田があって、星が綺麗なところがいい。そう決めてから、いろんなところをドライブしていたら、偶然ここを見つけたんです。ちょうど『空き家あります』の張り紙があって、ピンときてすぐに電話しましたね」。

田植えが終わったばかりの棚田。澄んだ空気に、鳥のさえずりや虫の声が優しく響き、思わず深呼吸!

もともと福岡には縁もゆかりもなかったというお二人ですが、2013年に糸島に移住。築80年以上の古民家を改修して、シェアハウスをオープンしました。

「僕は東京生まれですが、13歳のときに山梨県の八ヶ岳に両親とともに移住しました。両親だけでなく、僕も田舎暮らしが肌に合っていて、食べものもおいしくて楽しかった。その後、料理を学ぶために上京しましたが、八ヶ岳での生活を原体験に持っているためか、満員電車や人混みなど、都会での暮らしにストレスを感じていたんです」。

もともと東京で長く暮らすつもりはなく、田舎に帰るつもりだった浩一さんですが、「そろそろ東京を離れよう」と決めた年に東日本大震災を経験しました。

「水や食べ物、ガソリンといった物資が不足。その経験から、自分たちが必要とするものを、自分たちで作ることができたら…と考えたのです。もともと、僕も妻の千春も、自然のなかでコミュニティを作ることに興味があったから、一緒に行動してくれる仲間を求めて、田舎に移住したんです」。

田舎との関わり方も人それぞれ

シェアハウスの庭には、ニホンミツバチの巣箱が。菜の花やミカン、ヒマワリなど、周辺の野山から採蜜するため、色や香りもそのときどきで異なるそう。「花や果物の香りを感じることもありますよ」と浩一さん

そんな経験もあって、いとしまシェアハウスのコンセプトは、「食べもの・お金・エネルギーを自分たちでつくる」こと。米や野菜を栽培するだけでなく、山で猟をしたり、養蜂で蜂蜜を得たりして食べ物を自給。調理や暖房で必要なエネルギーとして、薪を生活に取り入れています。

「僕らはごりごりに田舎暮らしを実践してます。スローライフじゃなく、かなりハードに(笑) でも、田舎に来たい人全員が、そうしないといけないわけじゃないと思います」。

浩一さんはからりと笑いながら、自らの暮らしについて話します。

棚田から山に向かってさらに歩くと見えてくる加茂川。長く暮らす地元の人の話では、昔は水深が深く、かつてあった橋の上から飛び込んで遊ぶこともあったのだとか

「新しい生活が、自分にとって楽しいか、心地いいかが大事なんです。そうじゃないと、続けられないですから。でも、どれくらいが楽しいかは人によって違います。1kmだけ軽くジョギングしたい人と、フルマラソンに出たい人が、それぞれいていい。同じように、住むまでもないけど田舎に入ってみたいという人がいてもいいんです。そんなふうに田舎とのいろんな関わり方が増えて、関係人口を増やしていけたらと思っています」。

「生産性」では計れない、人と関わることの価値

「棚田の風景が好きなんです。特に水をはる田植えシーズンの夕焼け。日が落ちると空が赤くなって、紫から青になって、何度見ても感動します」

そんな「多様性」が生まれる舞台のひとつが、いとしまシェアハウスから歩いて5分の距離にある棚田です。シェアハウスがある集落の住人たちが数反ずつ所有していますが、近年は高齢化や跡継ぎ不足などで耕作放棄地となる田んぼが続出。移住してきた当初に小さな田んぼをひとつ借りた浩一さんは、もう管理ができないからと、今は7反の田んぼの管理を任されています。

この棚田を利用して、浩一さんたちは2018年に「棚田のオーナー制度」をスタート。都市部やまちに暮らす人たちに、棚田の共同オーナーになってもらい、田植えや収穫といった里山文化を体験してもらいながら、美しい里山の景色を未来に残す取り組みを行っています。

2022年は6月に田植え体験会を開催した。

地域の人が大切にしているものを大切にし、一緒に作っていく

シェアハウスにあるキッチン。全国から集まった大工3人に、シェアハウスで住食を提供。無料で改装してもらった

とはいえ、たった18世帯しかなく、60代でも若手といわれる小さな集落に引っ越してきた当初は、浩一さんたちも「よそもの」でした。

「ここには田舎ならではの人間関係があって、煩わしさがまったくないわけではないけれど、信頼関係ができてくると、田んぼや畑が空いたときに『やってみない?』って気軽に声をかけてもらえるようになる。だから信頼を得るために、一個ずつミッションをクリアしていくんです」。

浩一さんが”ミッション”と例えるのは、地域の役員や消防団への参加、神社の清掃などさまざま。シェアハウスのメンバーは、このような地域の活動に積極的に参加しています。すると関係性にも徐々に変化が。当初は、地元の人にとってはよくわからない存在だったシェアハウスでしたが、今では初めて見る若者が現れても「シェアハウスの人でしょ」と声をかけてくれるといいます。

シェアハウスの改装には、廃材が多く使われている。家具も廃棄されるものを譲り受けた

「よそもの・そとものの僕たちだけど、地域活動に参加することで、自分たちと同じものを大切にしてくれるということが伝わったのかなって。都会だとお金を払えばサービスが受けられますが、ここでは自分たちで手を掛ける労力が必要なんです。いま自分の手元にあるものも、自分たちで作ってプロセスやバックグラウンドを知れば、愛着を感じる。サービスを受けるだけでなく、生活を自治していく楽しさを実感しています」。

都会へのUターンで、都会と田舎の関係はもっと良くなる

シェアハウスの向かいには、シークワーサーやレモンなどさまざまな果樹が植わった広場が。「いつか子どもと一緒に、子どもの小屋を建てたいんです。果実が育ったら、料理に使えればいいな」

オープンして10年目を迎えた今、いとしまシェアハウスが目指すのは、都会と田舎の間をつなぐ存在です。

「僕は、”都会へのUターン”がもっと増えたらいいなと思っているんです。都会での経験を生かして、地域活性化のために働く。その逆で、都会で生まれた人が田舎を経験してから都会に帰ることで、見えてくるものがあるんじゃないかな」。

そのためには、田舎と都会の行き来をもっとスムーズにしないといけないと、浩一さんは言います。

「田舎にずっといると都会のことがわからないし、都会の人も田舎のことはわからない。もっとストレスなく行き来ができるようになって、お互いを知ることで共感性を高められるようにしたい。そのために、ここでさまざまなアクティビティを用意しているんです。知ることで、自分自身の生き方の幅も、もっともっと広がると思いますよ」。

その地域の風を知り、食べ物を知り、人を知る。地域の魅力が自分ごとになれば、都会にいながらでも関わったり、支援したりすることもできる。過去の自分を捨てて大きく自分を変えなくとも、心地よい距離感で関わることができると、浩一さんの生き方が教えてくれているかのようでした。

語り部一覧

いとしまシェアハウス /
畠山千春さん・志田 浩一さん
いとしまシェアハウスは、「食べ物・お金・エネルギーを自分たちでつくる」をコンセプトにした、自然とつながるシェアハウスです。棚田に囲まれた集落の中で、田んぼや畑・猟を行い、築80年の古民家を改修しながら、様々な個性を持つ男女が共に暮らしています。
ここでは、体験したこと、つくり出したものをたくさんの人たちと”シェア”する暮らしの実験を行っています。

体験一覧

この記事は
いかがでしたか?

-
-
-

青空たすきに感想を送ろう!

※コメントが反映されるまでに2〜3日ほどかかります。また、本サイトの利用規約に定める第15条(禁止行為)に該当するコメントにつきましては掲載を差し控えさせていただくことがございます。